連絡先
   大阪大学大学院
   情報科学研究科
   バイオ情報工学専攻

   バイオシステム解析学講座
   (若宮研究室)

   〒565-0871
   大阪府吹田市山田丘1ー5
   大阪大学 情報科学研究科B棟

   B502(若宮教授)
   B506(寺前准教授)
   B501(橋本助教)
   B501(学生)

   TEL: 06-6879-4358
   (秘書 石黒くに子)

生物に学ぶ情報通信技術に関する研究

生来的に拡張性,適応性,頑健性の高い,生物の様々な仕組みや機構,アルゴリズムを情報通信技術に応用するBio-inspiredな研究を行っています. 複雑化,大規模化する情報通信システムを最適に動作させ続けるために,バイオの知見を用いた従来と異なる観点からアプローチします.



自己組織型ネットワーク制御の構築

次世代の超大規模通信ネットワークでは,ネットワーク全体での最適制御は不可能になりつつあります.そこで,個々のノードやネットワーク自身の自律性を高め,分散アルゴリズムを用いる自己組織的ネットワーク制御を研究し,新たなネットワーク制御アルゴリズムを提案します.



脳・神経システムの情報科学

脳は神経細胞の複雑な大規模ネットワークであり,高い学習能力を持ち,極めて高度な情報処理を実現していますが,その仕組みは未知のままです.その仕組みを解明し応用する事で,柔軟で高精度な人工知能の実現など,これまでとは異なる新しい情報処理システムを実現します.



非線形生命現象の解明と応用

生物では多数の要素が絡み合い,元の要素以上の性質が現れる事があります.これが生物の持つ非線形性の効果で,生命の集団現象の鍵となる性質です.非線形性を理論的に解析する事で,自己組織性や拡張性など,生命の特徴的な機能を解明し,次世代の情報通信技術へと応用します.